検索
  • CoreBlue-mayumi

自然に死ぬ方法

我が家のねこが亡くなった。

我が家の絶対君主であり、女王さまが亡くなってしまったのだ。


時間が経つにつれ、「あ、そっか、これはもうやる必要ないんだ」「あ、そうか、ここは締め切ってもいいんだ」ということが出てきて、なんだかもの寂しい。


動物って、いつもとんでもなくいろいろなことを教えてくれる先生だ。


今回は、穏やかに死ぬこと、苦しまずに死ぬこと、最後の最後まで普通に生活できること、そんな方法を学ばせてもらった。


そして、それを人に伝えていくんだよ、ということも決意させてもらった。身を以って、文字通り自分の命をかけて、そんなことを教えてくれたのかもしれない。そんなことする必要なんてないのに・・・


鈍感で臆病な私に一念発起させるためなのか・・・ それにしても強烈なメッセージ過ぎる。本当にごめんなさい。


ずっと一緒にいたので、肉体の変化に合わせてホメオパシーでケアし、そして、ヒーリングもした。もちろん、浄化も。


でも、「死」は忌み嫌われるけど、決して不浄のものではなく、むしろ、とても綺麗なものだった。だから死後は場の浄化はまるっきり必要なく、私たち人間のイメージを浄化すること、想念を浄化することに費やした。


結局、人間が動物たちの死もおかしくしてしまっているのかもしれない。



そんなケア方法を人間や動物たち、そして植物たちにもしていけたら、地球貢献って言えるのかもしれない。


だから、コミュニティメンバーの希望者に教えていきます。








38回の閲覧

最新記事

すべて表示

「できない」と言う意味

これはできない これは治らない そんな方法ない よく聞く言葉だし、自分でも言ってしまうことがある。 でも、これの意味を考えてみると面白いことに気づく。 その人はできないだけ 今はできないだけ 治す方法を知らないだけ 技術がないだけ と言う意味にもなる。 だから裏を返せば可能性はあるってこと。 今はそれができないだけ 今はその方法を知らないだけ 今は技術がないだけ と言うことで、諦めず、日々努力する

これからの時代、どうやって生きればいいの?

新月で日食もあり、コロナで生活が変化した人もいるし、これからどうすればいいの?と不安に思っている人が多いようです。 こういう転換期を利用する!に限ります。 物理的に見える世界を変えるのもありです。 いつ何時、また外出自粛生活になるか分からないので、いつでも自粛できるような、快適な地域、快適な住居、安心できる空間に作り変える。 なんて言うのもいい。 これからの時代は自給自足だ!でもいい。 畑借りて、

原因なんて気にしなくっていい

まずは原因は置いておこう! とつくづく思う。 何か問題が発生したり、体のどこかが痛いと あれがいけなかった これがいけなかった ああすればよかった こうすればよかった と考えがちなんだけど、実は痛い最中考え付くようなものって、本当の原因とはちょっと違うことが多い。 それに、そんな反省したところで、その問題や痛みがすぐに解決されるものでもない。 では何をすればいいの? まずは、その問題を現実的にどう

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now